2014/12/03(Wed)
てんりゅ_59


見納めの様に、京都タワーです。

京都駅も、綺麗ですね。



てんりゅ_60



 *




てんりゅ_61



あまり利用しなかったバスの一日周遊券。

歩行者天国だったもんなー、ちっ・・

萌えって名前ですかい。



 *



てんりゅ_62


クリームが美味しそうだったので買った、八つ橋。

前回、京都に行ったのに買えなかったもんねー

ばっちりだ。



あー疲れたけど、

楽しかった!!
 鮎見柑太朗(あゆ森たろ) at 2014/12/03(Wed) 22:12コメント(0) 
2014/12/02(Tue)
てんりゅ_39



てんりゅ_40



てんりゅ_41



竹林の道です。

この後どうする? って話になって。

公園があったので、自販機で飲料(栄養ドリンク・・)を買って飲みながら、

あとは適当に紅葉の名所と言われたり言われなかったりの場所へ。




てんりゅ_42


こんな像があった。

竜馬?




てんりゅ_43



てんりゅ_44



てんりゅ_45



常寂光寺です。
門までですけど。



てんりゅ_46



てんりゅ_47



てんりゅ_48



てんりゅ_49


落柿舎

松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていた草庵で、去来がこの草庵について書いた「落柿舎ノ記」がある。
古い家の周囲には40本の柿の木があったという。
庭の柿を売る契約をしたのちに、柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。



へー

ほー



てんりゅ_50


清涼寺~

清凉寺(せいりょうじ)は、京都府京都市右京区嵯峨にある浄土宗の寺院。
山号を五台山(ごだいさん)と称する。
嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)の名で知られ、中世以来「融通念仏の道場」としても知られている。
宗派は初め華厳宗、後に浄土宗となる。
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は奝然、開山(初代住職)はその弟子の盛算(じょうさん)である。




てんりゅ_51



てんりゅ_52



てんりゅ_53



てんりゅ_54



てんりゅ_56



てんりゅ_57



てんりゅ_58



建物が大きいわー

人間が小さいよー


最後に、『旧嵯峨御所 大覚寺門跡』に行ったのですが、

時間がない! また今度!

と、いう事で疲れもそこそこに。

夕方になって、帰って行きました。

観光、終了~


続く。
 鮎見柑太朗(あゆ森たろ) at 2014/12/02(Tue) 16:25コメント(0) 
2014/12/01(Mon)
てんりゅ_21



前回の続き。



てんりゅ_22



てんりゅ_23



・・頭に。



てんりゅ_24



てんりゅ_25



天気がいいけど、疲れが早い(笑)

人が多いせいかなー

天龍寺に向かいます。

誰も通ってない道を見つけた。

お食事処っぽい所がありました。し、親切なのかな?




てんりゅ_26


着きました。

連れと別れて、私たちは夢窓疎石の作庭であるという庭園、曹源池に。



てんりゅ_28



人多いわーい



てんりゅ_27



てんりゅ_29



てんりゅ_30



てんりゅ_31



てんりゅ_32



てんりゅ_33



てんりゅ_34




天龍寺(てんりゅうじ)は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町(すすきのばばちょう)にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。
山号は霊亀山(れいぎざん)。
寺号は詳しくは天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ)と称する。
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である。
足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位とされてきた。
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。



お腹すきました。

連れと合流して、お食事する所を探しましょー



てんりゅ_35



嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア

ここがそうなんだ・・

地図を見るまで、気がつかなかった。

嵐電嵐山本線が通っているのです。

足湯もあります。



混雑する通りを何とか・・


お昼を食べました。
手作り豆腐とそば料理の「かづら野 清修庵」という所で。
『嵯峨豆腐丼』を。そばが付いてる。
あんかけ風ですかね。

天丼とかもあります。

はぁやっと落ち着けた・・

なんかもー、帰ってもいいんじゃない(wえ)


 *



てんりゅ_36



てんりゅ_37



歩いて歩いて・・

渡月橋です。

渡月橋は、桂川左岸(北側)と、中州である中ノ島公園の間に架かる橋で、全体が右京区にある。
橋長155m、幅11m、車道は2車線で、両側に一段高くした歩道がある。

観光名所であるとともに、桂川の両岸地域を結ぶ重要な交通路で、京都府道29号の一部となっている。
また、南詰は京都八幡木津自転車道の起点となっている。



人がここ、さすが観光・京都っていうか。多いって!!

あまりに多過ぎて、この辺一体、歩行者天国になってるんですよ。

知らずにバス停待ってたり。

無意味に体力とられていきます・・



てんりゅ_38


焼いもアイス。

おいしい・・
 鮎見柑太朗(あゆ森たろ) at 2014/12/01(Mon) 20:00コメント(0) 
2014/11/30(Sun)
てんりゅ_01


2014年11月30日。嵯峨・嵐山方面へ日帰り旅行の記録です。

連れ2人と紅葉狩り行こーと言って。決行!


紅葉が見頃ですー

観光名所を巡ろうと、写真を撮りまくる!

まずは天龍寺!

に、行く前に宝厳院へ向かった! はい!

宝厳院(ほうごんいん)は京都府京都市右京区にある臨済宗天龍寺派の寺院で天龍寺の塔頭。山号は大亀山。
庭園や建物は時代劇の撮影に使用されている。




てんりゅ_02



てんりゅ_03



てんりゅ_04



てんりゅ_05



てんりゅ_06




宝厳院は、天龍寺の塔頭寺院で、通常非公開だが春と秋のみ特別拝観を行い、
獅子の姿をした獅子岩が鎮座する獅子吼の庭は、紅葉の名所として知られる。

と、ガイドに書いている。
ガイドの地図で見ると、「羅漢石像」というそうだよ。
多いなー

宝厳院に行ってみる。



てんりゅ_07



てんりゅ_08



てんりゅ_09



てんりゅ_10



てんりゅ_11



てんりゅ_12



てんりゅ_13



てんりゅ_14



てんりゅ_15



てんりゅ_16



てんりゅ_17



てんりゅ_18



てんりゅ_19



てんりゅ_20



どこ行っても、紅葉・紅葉・もみじー

続きます。
 鮎見柑太朗(あゆ森たろ) at 2014/11/30(Sun) 21:17コメント(0) 
2014/11/26(Wed)
jissou_01


最後に行ったのが、岩倉実相院


ここは、床もみじが有名だそうですね~

暗くはなってきてましたけど、見れました。


jissou_02


jissou_03


jissou_04


jissou_05


jissou_06


jissou_07


床もみじは撮影禁止でHPなどで見ればすぐ見れます。

水面とかに映る景色もなかなかに。


jissou_08



行程終了~

たっぷり紅葉見物でしたにー。

まだ緑の所もあったけどね・・




jissou_10


出発地まで戻ってきたら、イルミネーション。わあ綺麗。

どこでもしてるんだろね。



jissou_09


京都に行ったのに八つ橋買えなかった・・


おかしい!(笑)
 鮎見柑太朗(あゆ森たろ) at 2014/11/26(Wed) 09:50コメント(0) 
いらっしゃい
鮎見柑太朗
気ままに何処かへ行って記録しておくだけのブログ。
        1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
最新記事
最新コメント
最新コメントはありません。
最新トラックバック
最新トラックバックはありません。